エリクシール導入美容液を購入するとき、自分の年齢に合っているのか心配になる方は多いでしょう。

年齢に合わないとその効果を感じることができませんし、肌トラブルが起きることもあります。

「何歳から使えるの?」「20代でも大丈夫なの?」

といった不安や疑問をお持ちの方に、エリクシール導入美容液を使える年齢について紹介していきます。

エリクシール導入美容液を使える年齢を調べてみた

エリクシールのCMには女優の篠原涼子さんが出演しています。

篠原涼子さんは現在45歳なので、エリクシールは30代や40代が使う化粧品だと思っている方が多いですね。

エリクシールの口コミをチェックしてみると、確かに30代・40代の口コミが圧倒的に多いです。

けど20代の口コミもたくさんありました。

エリクシールの導入美容液は30代・40代の年齢肌に使うのがおすすめですが、20代でも使ってOK!

年齢肌になるタイミングはだいたい20代後半からと言われています。

化粧水が浸透しづらくなったり、肌のくすみがとれない、洗顔後つっぱる、夕方は乾燥するといった症状が出たら年齢肌の可能性大。

この状態を放置してしまうと徐々にシワやシミが出てきてしまうのです。

そこで効果的なのがエリクシール導入美容液。

導入美容液を使うことで肌がやわらかくなり、化粧水や乳液、クリームなどの浸透率が良くなります。

洗顔後に導入美容液をつけるだけでスキンケアの満足度を高めることができ、年齢肌も解消できちゃうのです!

エリクシール導入美容液は10代が使っちゃダメ?

導入美容液は年齢肌になる20代後半から使うのが効果的ですが、10代で使っている人もいます。

10代は美容に興味が出てくる年齢のため色々なスキンケア商品を試したくなるでしょうが、エリクシール導入美容液を若々しい肌に使ってもあまり意味はないのでおすすめできません。

10代は洗顔と保湿を中心にスキンケアを行いましょう。

一般的に10代は過剰に皮脂が出やすく肌荒れやテカリ、ベタつきの悩みが多いです。

清潔な肌を保つには洗顔で皮脂をしっかり落として、スキンケア商品のなじみをアップさせる必要があります。

洗顔で気を付けるポイントは強くゴシゴシ洗ったり、1日に何回も洗顔しないこと。

これをしてしまうと逆に皮脂が出やすくなってしまうので注意してくださいね。

洗顔は1日2回までにしておきましょう。

10代という年齢は皮脂が足りていても、水分が不足していることが多いです。

洗顔後は化粧水をたっぷり使って肌をうるおわせ、乳液でふたをして保湿してあげましょう。

テカリやベタつきが気になる場合はさっぱりタイプのスキンケア商品を使ったり、Tゾーンへの使用量を少なくしてみるといいですよ。

エリクシール導入美容液に危険な成分は含まれているのか調べてみた

導入美容液に危険な成分は含まれていないのかと不安になる方はたくさんいるでしょう。

配合成分を以下にまとめました。

LPG、水、エタノール、グリセリン、二酸化炭素、ジメチコン、ミリスチン酸イソプロピル、PEG、PPG-14、7ジメチルエーテル、キサンタンガム酢酸コフェロール、ローズマリー葉油、ベタイン、DPG、ポリソルベート20、タルク、クエン酸Na、クエン酸、香料

この中に危険な成分は一切含まれていませんが、ガスが含まれているためつけた瞬間軽いひりつきや赤みが出ることも。

一時的な症状ですぐにおさまるため、それほど心配する必要はありません。

症状が何時間もおさまらない場合はエリクシール導入美容液の中に合わない成分が含まれている可能性があります!

すぐに使用を中止して洗顔で成分を洗い落してください。

それだけで症状が落ち着くことがありますが、それでも症状がおさまらなかったり悪化したときは皮膚科を受診してくださいね。